お客様の好みも反映できるサロンにしたい!気になる!となりのエステサロン「サロンの照明について教えてほしい!」(後編)

「気になる!となりのエステサロン」の第7回のテーマは「照明」です。前編ではメインルームの照明の種類や明るさ、デザインへのこだわりを、中編ではサロン全体の照明やテイスト、メイン照明以外に間接照明を使用しているのかなどについてうかがいました。第7回最後となる後編では、その他の照明へのこだわりや、「こんな照明があったらぜひ使いたい」という理想の照明についてうかがいます。

お客様の好みも反映できるサロンにしたい!気になる!となりのエステサロン「サロンの照明について教えてほしい!」(後編)

 全国のサロンオーナーに、こだわりのアイテムなどについてのお話を聞く企画「気になる!となりのエステサロン」。第7回となる今回は、照明について、ふたりのサロンオーナーにお話をうかがっています。

👇前編・中編の記事はこちらから👇

お話をうかがったのは

「シルクケアサロン&スクール ハニエルムーン」オーナー

月舘睦 様

東京都中央区湊

助産師として、女性の体は早くから整えておく必要があると感じた事をきっかけにスタート。

シルクケアをメインに、血流・リンパ、女性ホルモンバランスを整え、女性特有のお悩み解消のサポートをしております。

ホームページ:https://silk-bust-care.com/

Instagram:@hanielmoon0168

エステサロン「lilasmile」オーナー

長弘優香 様

山口県周南市櫛ヶ浜

リバースエイジング(若返り美容)で理想の自分に近づけるケアをご提案します!福岡・大阪の大手サロンで経験を積んだエステ歴10年のオーナーによるプライベートサロンです。オススメは、ヒト幹細胞コスメを使用するハイパージェットコースです♪

Instagram:@salon.lilasmile

 前編でメインルームの照明の種類や明るさ、そして照明のデザインへのこだわりをうかがったところ、どちらのサロンでもお客様が過ごしやすい空間を演出するための心配りがなされていることがわかりました。続く中編では、サロン全体の照明や間接照明を置いているかなどについてうかがいました。各スペースごとに適切な照明を取り付けるなど、どちらのサロンも照明をサロンコンセプトに合わせ、上手に活用しているのが印象的でした。

 第7回最後となる後編では、照明についてのこだわりや、「こんな照明があったら良いのに」という希望についてうかがっています。

 ふたりのサロンオーナーに共通していたのは、「お客様の好みに合わせられる照明があれば良いのに!」ということでした。

Q その他、照明へのこだわりはありますか?

 エステサロンは、施術以外の部分でも美しさや心地良さ、雰囲気の良さを感じていただきたい場所です。サロンの雰囲気づくりを徹底する上で、サロンコンセプトに沿った照明を取り入れることはとても重要なポイントとなります。

 お客様にとって非日常を体験できる場所ですので、せっかくならありきたりな照明ではなく、好感のもてるテイストや凝ったデザインのものを取り入れられると良いですよね。

 照明にこだわるなら、まずは自分が思い描いているサロンのイメージをしっかりと見つめ直すことが肝心です。たとえばラグジュアリーな空間を演出したいならシャンデリアを取り入れたり、施術内容やコンセプトによっては暖色系の色味よりも寒色系の色味の方が良い場合もあるでしょう。理想のイメージに近づけるため、あらかじめ方針を決めておくと良いかもしれません。

月舘さん(以下月舘)「私は、自分の思い描くサロンコンセプトはもちろん、お客様の年齢層や施術内容に合わせた照明器具を取り入れるようにしています。施術内容としては、お客様の様子が確認できる程度の明るさがあればいいので、そのあたりを意識して照明器具を選んでいます。当サロンのようにダウンライトなどがもともと付いている場合もありますが、いずれにしても、自分のサロンをどのような空間にしたいかを意識することが大切なのではないかと思います。」

長弘さん(以下長弘)「正直なところ、私の場合はレンタルサロンなので、照明についてそこまで深く考えたことはありませんでした。ただ、サロンのコンセプトを決めておくのはとても重要です。私が借りているレンタルサロンは、実はもう一部屋空いていました。その部屋は海沿いのサロンの良さを活かした内装でした。窓からは海が見え、自然光が差し込み、白色の照明が映える海っぽい雰囲気のお部屋でとても素敵だったのですが、私が思い描くサロンのコンセプトは、落ち着く空間であることと、お客様がゆっくりとした時間を過ごせることだったので、そちらの部屋ではなくその裏手にある少しだけ薄暗さのあるお部屋を選びました。自分が思い描くサロンコンセプトや好きなイメージに合わせて、室内は暖色系のオレンジ色の照明で統一させています。明るさについては、お客様が目を閉じたときに明るさが気にならないこと、そして目を開けたときにもビックリしない程度の明るさにすることを意識するようにしています。このあたりはエステサロンをオープンしたときからこだわっている部分です。」

Q 「こんな照明を使いたい!」というものはありますか?

 お客様に寄り添う気持ちが強いふたりのサロンオーナーが思い描く理想の照明とはいったいどのようなものなのでしょうか。話をうかがうと、共通の“理想の照明”が浮かび上がりました。

月舘「現実的ではありませんが、理想はお客様の好みに合わせたお部屋を用意することですね。施術のための部屋が複数あれば良いなと思います。シャンデリアが好き、暗い方が好きなど、お客様にはそれぞれ好みがあります。ですので、一部屋はラグジュアリーなテイスト、もう一つはアジアンテイストなどのように、お客様の希望や好みをうかがい、それに合わせてお部屋にご案内できたら良いですよね。」

長弘「私も月舘さんと同じ意見で、お客様の好みに合わせて部屋のテイストが変えられたらベストなのになと思っていました。でもそれは現実的に不可能なので、せめて部屋の雰囲気を簡単に変えられる照明があれば良いのにと思います。具体的には、照明の色味やテイスト、漏れる光のデザインなどを細かく選べたら良いですね。たとえば今現在、私が使っている間接照明は木漏れ日のような光が周囲に漏れるタイプなのですが、ひとつのライトで木漏れ日以外の光のデザインも選べたら素敵だと思います。」

月舘「私もそういう照明があれば取り入れたいです。照明の色味やテイスト、光のデザイン以外に明るさも調節できると良いですね。自動で暗くなったり明るくなったりするライトがあれば、照明を調節する手間が省けそうです。」

照明の種類を少し変えるだけでもサロンの雰囲気は変わる

 自分が追い求める理想の空間の中に、お客様の好みも混ぜ合わせることができれば、顧客満足度も上がり、その後のリピートにもつなげることができるはずです。

 たかが照明、されど照明。照明器具ひとつで、サロンの雰囲気を大きく変えることもできる。照明を選ぶときには、作業効率はもちろんのこと、そこにお客様に非日常感を味わっていただけるような工夫も取り入れられると良さそうです。

 ぜひ、この内容を皆様のサロンでも取り入れたり応用するなど、有効に活用してみてください。次回の「気になる!となりのエステサロン」のテーマは「ベッド」です。次回の座談会も、どうぞお楽しみに!

 座談会に参加したい!また、こんなテーマを取り上げてほしい!などのご意見や感想も引き続き募集しています。