エス通オンライン

肉食、魚食、菜食で女性の骨折リスクを比較

 

 肉食、魚食、菜食の人それぞれの股関節骨折リスクを比較した英国女性を対象としたコホート研究で比較した結果が8月11日、「BMC Medicine」オンラインに掲載された。

 試験の対象者はUK Women’s Cohort Studyに参加した35~69歳の英国女性2万6318人。妥当性が確認された217項目の食事摂取頻度調査票に基づいて、定期的肉食(5回/週以上)、時々肉食(5回/週未満)、魚食(魚は食べるが肉は食べない)、菜食(肉も魚も食べない)の4つの食事区分に分類した。

 対象者を妥当性が確認された217項目の食事摂取頻度調査票に基づいて、35~69歳の英国女性を、定期的肉食者(5回/週以上)、時々肉を食べる人(5回/週未満)、ペスカタリアン(魚は食べるが肉は食べない)、または菜食主義者(肉も魚も食べない)に分類した。新規股関節骨折は、Hospital Episode Statisticsにリンクして特定し、コックス回帰モデルを用いて、追跡期間中央値22.3年での各食事群と股関節骨折リスクの関連を推定した。

 交絡因子で調整後、股関節骨折リスクは定期的肉食者よりも菜食主義者で高かった。時々肉食者および魚食者には差がなかった。体格指数(BMI)による効果修飾の明確なエビデンスは認められなかった。