エス通オンライン

パーソナライズ香水の人気が国際市場で急増

 

 世界の香水市場でパーソナライズされた香水の人気がより高まっている。英リサーチ会社The Business Research Companyは、16日、世界の香水市場調査としてこのようなトレンドをリリースした。 パーソナライズされた香水は、パチョリ、ローズ、サンダルウッド、バニラ、イランイラン、オレンジなどのエキゾチックなオイルをブレンドするのがトレンドになっている。

 同社の有料レポート「Perfumes Global Market Report 2022 – By Product (Mass, Premium), By End-User Sex (Women, Men), By Distribution Channel (Offline, Online) – Market Size, Trends, And Global Forecast 2022-2026」で市場における主要なドライバー、トレンド、および成長の機会について解説している。

 世界の化粧品香水の市場規模は、2021年の629 億 1000 万ドルから 2022 年には 711 億 9000 万ドルに成長する予測。2022年から2026年の予測期間中に 12.7% の CAGR で成長する見通しで、2026年には世界の香水市場は1149 億 8000 万ドルに成長すると予想されている。

 香水市場分析によると、最終顧客からの需要の高まりに対応するための消費財に対するeコマース企業からの需要の増加は、個人用衛生製品の需要を増加させ、予測期間中の香水の需要を促進すると予想されている。

 ミレニアル世代の人口の急速な増加は、香水市場の成長を後押しすると予想されている。若い人たちは、外見や生活の質を向上させるために、昔よりも化粧品にお金をかける傾向がある。ミレニアル世代は、2019 年に化粧品を購入する可能性のある最大のコミュニティであり、55 歳以上の人口の 17% と比較して、世界人口の約 32% を占めている。 2025 年までに、ミレニアル世代は世界の労働力のほぼ4分の3を占めると予想されており、彼らの好みや買い物の習慣は香水市場にとって重要な原動力となると分析されている。