エス通オンライン

マスビューティケア市場、アジア太平洋地域で急成長

 

 イギリスの市場調査会社 Technavio(テックナビオ)は、12日、マスビューティーケア市場は2021年から2026年の予測期間中に1535億5000万米ドル増加するという予測を発表した。予測期間中の年平均成長率(CAGR)は 5.92%で、市場の成長の58%はアジア太平洋地域に集中する見通し。

 有料レポート「Mass Beauty Care Market by Distribution Channel and Geography – Forecast and Analysis 2022-2026」によれば、中国、日本、インド、韓国は、アジア太平洋地域のマスビューティーケアの主要市場で、この地域の市場は、他の地域の市場より急速に拡大すると予測している。中低所得者層に支えられマスビューティーケア製品の需要が大幅に増加する見通し。

 世界のマスビューティーケア市場の成長を推進する主な要因は、現代のライフスタイルの変化と皮膚に関連する問題の増大と分析される。運動不足、ストレス、睡眠不足、ファーストフードの過剰摂取、水分摂取量の制限などの現代のライフスタイルの変化は、顔の皮膚への問題を増やす傾向にある。

 マスビューティーケア市場は、基礎的な効能に水分補給や抗酸化などの補助的なニーズも満たす多機能製品の開発が活発になっている。天然由来成分の導入も市場のトレンド一つにあげられている。