エス通オンライン

米ベンチャースタジオ、ウェルネスビジネス経営者を支援するSaaSを開発

 

米アラバマ州を拠点とするベンチャースタジオHarmony Venture Labs(HVL)は、11日、ウェルネスビジネスの経営者を支援するSaaS(サース)を開発したと発表した。新開発のソフトCoWelloは、経営者がウェルネスセンターのスペースを最大限に活用できるようにするオールインワンのスペース管理プラットフォームになる。

このツールを使用すると、柔軟な予約オプション、在庫管理、統合された請求と支払い、複数のスペースの管理を容易にすることが可能になる。共有ウェルネス施設やブティックフィットネススタジオ内の未使用の部屋から新しい収益機会を生み出すことができるという。基本料金は一月49ドルからスタートし、希望利用者は30日間、無料で試してみることができる。

HVLは、2020年に新しいベンチャーの創出と起業家による独自のベンチャーの構築を支援することを目標に設立されたサース開発ベンチャーで、これまでにeコマースのAI著作権管理のソフトCopysmith、ブランドが顧客のレビューと評判を管理するマーケティングツールTrustSpotなどを開発している。

参考リンク:cowello.com