エス通オンライン

減量中の食事モニタリング、簡易版でも有用性同等

 

モバイルデバイスを用いた行動的減量介入における簡易カロリーモニタリングと標準的なカロリーモニタリングを比較したパイロット無作為化化試験の結果が2月11日、「Obesity」オンラインに掲載された。

2~12歳の子供と暮らす太りすぎまたは肥満の参加者72人は、簡易カロリーモニタリングは高カロリー食品のみを対象とした簡易自己モニタリングを使用するグループ(簡易)と全食品のカロリーを対象とした自己モニタリングを使用するグループ(標準)の2グループに無作為化された。どちらのグループも、ワイヤレススケール、Fitbitトラッカー、およびスマートフォンアプリケーションを介して提供される6か月の行動的減量介入と、レッスン、テキストメッセージ、および毎週のフィードバックメッセージを受け取った。

6か月での体重減少率は、標準グループで5.7%、簡易グループで4.0%で、有意差はなかった。6か月で5%の体重減少に達した割合は標準グループで43.2%、簡易グループで42.9%と同等だった。グループ間で食事追跡日数や1日の平均カロリー摂取量に違いはなかった。この結果から、負担の少ない簡易モニタリングが全食品対象のモニタリングの有望な代替手段である可能性が示唆された。