エス通オンライン

受付終了:製品導入の決め手は●●!サロンへの認知を広げる効果的なPR施策とは【エス通ダイジェスト】

 

新緑がまぶしい季節となりましたね!心も晴れやかになり心機一転、新しいことを始めてみようとする方も多い時期かもしれません。

新しいことを始めたり、取り入れたりするときは不安がつきものです。エステサロンオーナーの方々に新しい製品や機器の導入を提案する際も、ひと工夫したPR方法が必要になります。

今回は、エステサロンのオーナーの方々が製品の購入を検討する際に重視しているポイントの紹介と、効果的なPR方法をご紹介します。

製品を導入時に、サロンが重要視している真のポイントとは

エステティック通信2021年8月号のエステセレクション特集で公開された、審査員(サロンオーナー)を対象に実施されたアンケート調査の結果によると、サロンオーナーが製品の導入を検討するにあたりもっとも重視するポイントは「使用感、効果」でした。

では製品の「使用感、効果」を知ってもらうために、効果的なプロモーション方法をご紹介します!

①SNSの運用とインフルエンサー施策

写真に特化したインスタグラムは、製品の使用感、効果のPRに最適です!

まずは、製品の紹介に特化した独自のハッシュタグを作成しましょう。

例:●● (製品名) 試してみた、など

サロンオーナーに限らず、美容商材に興味があるユーザーの多くは、製品の口コミや評判を調べる手段としてインスタグラムを活用します。

日頃から製品の口コミをインスタグラムで紹介してもらえるような取り組みを実施することで、自社製品の口コミ投稿をコレクション化することが可能です。

紹介してもらった投稿は、ストーリーズ機能で「紹介ありがとうございます!」「ハッシュタグ〇〇で紹介してもらったものはストーリーズで紹介します♪」といった形で紹介する取り組みもお忘れなく。

クリームの質感や製品の使用イメージなど、写真だけで製品の魅力を伝えきれない場合は、インスタグラムの短尺動画機能「リール」の活用もおすすめです!

サロンだけではなく、エンドユーザーからの認知度を高めたい場合は、インフルエンサーの起用も効果的です!

製品を使用した感想をインフルエンサーに投稿してもらい、狙っているユーザー層に口コミを拡散させる戦略を活用しましょう!

②テレビや雑誌等、大衆メディアへの広告出稿

使用感、効果を謳うときに重視されるのが「信憑性」です。

第三者であるメディアでの製品紹介は、信頼を得やすいという利点があります。

掲載期間が終わった後も、「メディア掲載」としてWEBページや営業資料に載せることで、プロモーション効果の最大化が狙えます。

さらに説得力のある訴求をしたい場合は、実際に導入しているサロンや製品の愛用者の使用感を紹介することで、広告感なく製品の良さを訴求できるPR手法もご検討ください。

③ポップアップストアの出店

文字、写真だけでは伝えきれない製品の良さを体感していただくことができるのが、言わずと知れた展示会の魅力です。

展示会以外にも、例えばエンドユーザーの目に触れる機会を増やす施策として、デパート等でのポップアップストア出店も効果的です。

実店舗を持っていなくてもSNSやプレスリリースで製品を認知してもらい、ポップアップストアで実際に試し「使用感、効果」を確認する機会を提供するという、集客導線を作りましょう!

これらのプロモーション方法をうまく活用しながら、より多くの方へ製品の良さを届けましょう!

エステティック通信9月号『導入サロン特集』、『幹細胞培養液コスメ特集(仮)』申込受付中

『導入サロン特集(仮)』は、このような企業様におすすめ!

・導入サロンの成功事例を提示し、新規開拓営業に力を入れたい

・実例を用いて、導入後の変化をわかりやすくPRしたい

企画の詳細はこちら!

『幹細胞培養液コスメ特集(仮)』は、このような企業様におすすめ!

・数多くある幹細胞培養液コスメで、独自性をアピールして差別化を図りたい

・導入を検討しているサロンに向けて最後の一押しをしたい

企画の詳細はこちら!