【美容に関する都道府県ランキング】 「美容室の1回あたり利用金額」上位は北陸2県が独占 1位 「福井県」9,125円、2位「富山県」9,071円

 

 株式会社リクルート(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:北村 吉弘)の美容に関する調査研究機関『ホットペッパービューティーアカデミー』は、過去1年間の美容サロン※利用における美容意識・実態を都道府県別に集計し、ランキング化しました。その結果をご報告いたします。
※美容サロン…美容室、ネイルサロン、エステサロン、リラクゼーションサロン、アイビューティーサロン

【美容室】1回あたり利用金額ランキング(TOP10)

※美容室の過去1年利用者が対象(実数回答)

【美容室】過去1年の利用総額ランキング(TOP10)

※美容室の過去1年利用者が対象
1回あたりの利用金額(実数回答)×年間利用回数(実数回答)

『ホットペッパービューティーアカデミー』

研究員 田中 公子

≪研究員からのコメント≫
 美容室の1回あたりの利用金額は、全国平均でここ10年の過去最高額を更新しました。(「美容センサス2022年上期<美容室・理容室編>」)今回1位の「福井県」、2位の「富山県」は、「共働き世帯比率」(「2017年就業構造基本調査」)が、福井県は1位、富山県は3位。3世帯の同居率が高く、子育てしながら働きやすい地域ともいわれています。この女性の就業率の高さが「身だしなみを整える」意識を高めることにつながり、ひいては美容室1回あたり利用金額を押し上げているのではと考えます。また、北陸地方は結婚式が豪勢な文化もありますので、他者への意識や外見の美容に対する関心が高いのかもしれません。過去1年間の利用総額1位の東京都は、明るい髪色の「ハイトーンカラー」が流行のため、カラーリングの来店頻度が全国1位(次頁参照)です。サロンへの来店頻度が多いため、年間の支払額が大きくなっています。

メニュー別年間利用回数ランキング

「カラー」「トリートメント」の1人あたり年間利用回数は、「東京都」がトップ。

※1「カラー実施者」が対象(実数回答)、カラーは「カラー(フルカラー)」「カラー(リタッチ)」の合計
※2「トリートメント実施者」が対象(実数回答)

≪研究員からのコメント≫
「カラー」「トリートメント」とも利用回数1位は東京都。背景には、「ハイトーンカラー」や「ブリーチ」の流行で、高単価にもかかわらずサロンでのカラーリング頻度が上昇していることや、カラーリングで傷んだ髪のケアにトリートメントの利用が増えていることがあるようです。
(『ホットペッパービューティーアカデミー』研究員 田中 公子)

美容サロン利用率(過去1年の利用率)

ネイルサロン、エステサロン(脱毛)、アイビューティーサロンの1位には「沖縄県」がランクイン。

≪研究員からのコメント≫
ネイルサロン、エステサロン(脱毛)、アイビューティーサロンの過去1年間の利用で、東京都を抑えて1位にランクインしたのは沖縄県。沖縄県では、1年を通して平均気温が高く、他の県と比較しても半袖でいる期間が長いこと、マリンスポーツなどの文化性からもボディケア(脱毛)への意識が高いことがその背景の一つにあると考えます。
また観光業が盛んで、かりゆしウェアをはじめとしたカジュアルな服装が一般的なため、ネイルやアイビューティーなど外見の美容への意識が高いのかもしれません。
(『ホットペッパービューティーアカデミー』研究員 田中 公子)

調査概要

調査名  :「都道府県別」20代・30代女性の美容意識・実態調査
調査手法:インターネットリサーチ
調査時期:2022年2月25日(金)~3月8日(火)
調査対象:全国の20~39歳の女性(回収サンプル23,361)
※都道府県の都市規模に応じて、n=600、または、n=400の目標値を設定。
※回収が目標に届かなかった秋田県、福井県、山梨県、鳥取県、島根県、徳島県、高知県、佐賀県、宮崎県は、ウエイトバック集計による補正を行った。
詳細はこちら:https://hba.beauty.hotpepper.jp/search/census/2022-pre/40541/

調査背景

 全国に25万軒以上ある美容室および美容サロンでの消費は、日常生活に「なくてはならない消費」として、コロナ禍においても利用が大きく落ち込むことはなく、むしろ美容室の利用金額は年々増加しています。さらに、消費の方法は大都市発信のトレンドによるものだけでなく、日常生活に根付いたエリアごとの消費特性がうかがえます。今回の調査によって、美容サロンの皆さまに結果を参考にしていただき、都道府県ごとの消費者の美容サロンに対する満足度向上につながるようニーズを明らかにしました。

ホットペッパービューティーアカデミー』とは

 美容に関する調査研究機関。「美容の未来のために、学びと調査・研究を」をビジョンに 2014 年に開校しました。美容サロンのマネジメントやマーケティングを学ぶ「経営セミナー」、美容センサスなどの「調査研究」、訪問美容の情報提供・イベント開催などをはじめとした「サステナビリティ活動」を柱に、全て無料で美容業界へ情報発信しています。これらの活動により、美容業界の成長に寄与する場の提供を目指しています。

▼リクルートについて
https://www.recruit.co.jp/

▼本件に関するお問い合わせ先
https://www.recruit.co.jp/support/form/